N.MAGAZINE

確かな技術と実績、想いがそこに。知られざる「エヌドット」ストーリー

line

みなさまにご愛用いただいている「エヌドット」シリーズ。そこには、長年の実績に裏打ちされた理由があります。これまで明かされなかった「エヌドット」ストーリーをお届けします。

「エヌドット」の主役は、スタイリング剤とカラー剤

「エヌドット」といえばオイルやバーム、セラム。スタイリングシリーズがおなじみですよね。インスタには「#エヌドット」というハッシュタグを78万件以上も投稿していただき、“パッケージがシンプルでおしゃれ”、“使うだけで今っぽい質感になれる”と、うれしい声をたくさんいただいています。そしてスタイリング剤に続き「エヌドットカラー」も、おかげさまでサロンの人気メニューに仲間入り。“「エヌドットカラー」で染めてください”とオーダーしたり、「エヌドットカラー」のメニューを導入しているサロンを探したり、と「エヌドットカラー」ありきでサロンを予約する女子も増えたと聞いています。ありがとうございます。「#エヌドットカラー」のハッシュタグも11万件以上で、いわゆる“業務用”と呼ばれるヘアカラー剤でありながら、いろいろな場面で話題にしていただいています。

プロに愛されるから、みんなに愛される

では、なぜ「エヌドット」が多くの方に支持していただけるようになったのでしょう。それは、“おしゃれだから”“今っぽいから”という理由だけではありません。「エヌドット」を製造・販売しているわたしたちナプラは、美容室専売品メーカーとして67年もの歴史があり、全国の美容室、美容師のみなさまとじっくり信頼関係を築いてきました(実は、カラー剤の出荷本数、業界NO.1なんです)。長きにわたってプロフェッショナルから愛される製品づくりにこだわってきたからこそ、「エヌドット」は女性たちから広く愛していただけるブランドへと成長できたのだと感じています。
 美容師のみなさまの要望、そしてお客さまのニーズにマッチした製品をお届けしようと「エヌドット」のラインナップは増え、仲間がたくさんできました。とはいえ、カラー剤やパーマ剤、システムトリートメントといった商品は一般消費者が直接購入するものではないので、美容室でカラーやパーマをしているときにブランド名を意識する機会は少ないですよね。でも、「エヌドットカラー」が女子の間で火がついたように、「エヌドット」というブランド名を付けることで一般の女性にも認知していただくことがでできるようになりました。とてもありがたいことです。ナプラは、「エヌドット」をきっかけに美容師の仕事に興味を持ち、その素晴らしさを知ってもらえたらいいな、と願っています。「エヌドット」という名前に想いを込めて全国のサロンに、そしてお客さまに製品をお届けしています。


関連記事

WWD.com
誕生5年目を迎える「エヌドット」がプロ用ブランドとして飛躍! 2021年はサロンメニューの幅広い展開に注目

https://www.wwdjapan.com/articles/1157621

「エヌドット」の“ポリッシュオイル”がアットコスメベストコスメアワード殿堂入り スタイリング剤としての認知も上昇

https://www.wwdjapan.com/articles/1153946

「エヌドット」が起こした“小さな革命”を振り返る

https://www.wwdjapan.com/articles/990978
line