N.MAGAZINE

誕生から5年目。ヘアのことなら全部「エヌドット」で

line

誕生から5年目を迎える「エヌドット」シリーズ。ラインナップもどんどん増え、美容室メニューをほぼ網羅!とてもご好評頂いております。

プロユースラインの始まりは、「エヌドットカラー」から

美容室のメニューっていろいろあります。ヘアカラー、ブリーチ、白髪染め。パーマやストレートパーマも。そして、髪をいたわるシステムトリートメントも美容室で受けるメニューの醍醐味ですよね。2017年4月にスタイリングブランドとして誕生した「エヌドット」ですが、またたく間に成長をとげ、プロユース(業務用)ラインも充実。「エヌドット」だけで美容室のメニューがほぼ成立するまでになりました。
 
「エヌドット」におけるプロユースラインの始まりは、2018年7月。ヘアカラー剤「エヌドットカラー」の発売です。「エヌドットカラー」は“透明感”と“赤みの軽減”が特徴で、モノトーンやアッシュやベージュなど憧れの“透け感カラー”が大ヒット。フルーティな香りと天然由来成分の効果で“染めている時間も心地いい”とファッションカラーだけでなくグレイカラー世代のお客さまからも人気となりました。そしてブリーチやヘアマニキュア、10分で染まるクイックカラーも登場し、ヘアカラーの幅広いニーズに応えることができるようになりました。

メニューを組み合わせて
わたしだけの「エヌドット」を

カール&ストレート、そして2020年3月にシステムトリートメント「ケラリファイン 」がラインナップに加わり、“「エヌドット」でできること”がぐんと増えました。たとえば、根元にパーマをかけつつ、中間〜毛先に「ケラリファイン」でトリートメントをすることも可能で、根元をふわっとさせつつ毛先はしなやかに、という理想の仕上がりが“時短”で手に入るように。グレイカラーの場合はクイックカラーで根元リタッチを行いつつ、「ケラリファイン 」で毛先のダメージをケアすることができます。また、カール&ストレートはコスメ登録なので、ヘアカラーと同じ日にパーマをかけることも可能です。「エヌドット」として豊富なメニューが揃っているからこそ、自由に組み合わせることができるのです。ぜひ美容師さんと相談して、自分にぴったりの「エヌドット」メニューを探してみてください。


関連記事

WWD.com
誕生5年目を迎える「エヌドット」がプロ用ブランドとして飛躍! 2021年はサロンメニューの幅広い展開に注目

https://www.wwdjapan.com/articles/1157621
line