N.MAGAZINE

2020年春は“意志ある髪”で始めよう。N. カラーで彩るトレンドカラー <READY OLIVE編>

line

2020年を迎え、令和の時代になって自分をアップデートしたい!と思っているなら髪色から変えてみてはいかが?「エヌドット」からお届けするとびきりの春色、第一弾!

柔らかさ、ツヤ感、軽やかさ。キレイを約束するレディオリーブ。

すっかり定番になった寒色系カラー。何度か試してみたけれど、「ちょっとカジュアルすぎる」「肌映りが悪く見える」なんて声もチラホラと。そんな経験のある方にオススメなのが“オリーブ系カラー”。人気のアッシュ系カラーに肌馴染みの良いベージュとイエローが入ることで柔らかさとツヤ感がプラス。カジュアルになりすぎず、女性らしさをまといながら寒色系を楽しめるヘアカラー。いわゆるマット系カラーとは違い、緑を抑えてベージュとイエローを絶妙なバランスで含むことで品のある大人カラーに仕上げてくれる。

今回はN.カラーの新色“オリーブグレージュ” に人気の“ベリーショコラ”をミックスして程よいツヤ感とスモーキーさをオン。すぐに褪色してしまう人や、元の状態が明るい人などはショコラ系カラーでベース補正をするのがポイント。

切りっぱなしボブが伸びてきたら“少しだけレイヤー”に

「パッツンボブ」や「切りっぱなし」などカットラインを活かしたヘアスタイルから変化をつけたいならレイヤーを入れるのがおすすめ。表面や顔まわりにほんのちょっと短い髪を忍ばせることで、コテで巻いたときに動きがつき、春らしい揺れるようなカールが簡単に出せるように。重たいコートを脱いで服の印象がガラッと変わる春だからこそ、思い切ってヘアスタイルも変えてみては?

<スタイリング>
38mmのコテでで毛先だけワンカール。できるだけ持ち上げながら髪を下に引っ張らないように。こうすることでカールがほぐれやすくなり浮遊感がアップ。N.スタイリングセラムを1プッシュ手に取り手のひらに伸ばし襟足から揉み込むようにつけ、次に内側から全体に揉み込み、最後に表面に薄く撫で付ける。スタイリング剤がトップより毛先にしっかりつくように。

スタイリング前の状態

中間から毛先はダメージ度合いを見ながら根元の薬をクリアで薄めて使い、しっかり放置することで発色と色持ちが良くなる。

Hair by shingo hosoda/lora.garden

line