N.MAGAZINE

N. hommeで作るファジーな男髪vol.02/エッジィなハイトーンヘアを上質なツヤ髪に。パサつきを抑えて品良くキメる。

line

大好評発売中のスタイリング剤「N. homme(エヌドットオム)」を使いこなすためのテクニックを4人の美容師さんにインタビュー。ファジーな男髪を作るN. hommeから男を上げるヘアデザインをご提案。

パサつくハイトーンヘアにはツヤ&柔らかさをオン。

ハイトーンブリーチヘアを手に入れると逃れられないのが髪のパサつき。ドライなハイトーンヘアはしっかりケア&スタイリングをしないと“何もしてない感”が現れがち。ついつい使いかけのワックスで済ませたくなる気持ちをぐっと抑え、グリースを使ったスタイリングにトライしてみては?グリース特有のウェットなツヤ感と柔らかさをオンすると品の良いこなれ感がぐっとアップ。

刈り上げないギリギリの長さでツーセクションのマットベースに。カラーは2回ブリーチした後、14Lvのフォギーベージュと14Lvのアッシュを3:1(OX3%)。アクアグリースで程よい束感と自然なツヤ感をプラスして、やり過ぎない上質なハイトーンヘアに!

HOW TO STYLING

<1>髪全体を軽く濡らし、ハーフウエットの状態に。

<2>500円玉大の量のグリースを手に取り手のひらにしっかり伸ばし、少しずつ髪につける。

<3>全体に馴染んだら、広がりやすい耳の上をしっかりと抑え、前髪をつまむようにして束感を作ったら完成。

STYLE CHANGE

毎日同じヘアスタイルにはしたくないこだわり派にオススメなのがアクアグリースとシアクリームのダブル使い。グリースとシアクリームを2:1の割合でミックスするとよりラフな動きが出しやすい。

ハーフウェットの状態でしっかりとなじませ、毛束をつまみ出してランダムに動かす。シアクリームのセット力が「ちょうどいい」ラフさを演出。

ハーフウェット×グリース使いでより柔らかなつやをプラス

髪の毛を完全に乾かす前にスタイリング剤をつけるのがプロの技。少し濡れた状態の束感やしなやかな動きをグリースでキープし、ツヤと柔らかさを出してみて。乾かした状態との違いを楽しむのもおすすめ。

 

教えてくれたのは渋谷からストリートスタイルを発信する「LECO」の小林賢司さん。カット、カラー、パーマ、あらゆる角度から“今”一番オシャレなヘアスタイルを提案。ハイトーンカラーとメンズデザインはお任せあれ!

Instagram @leco_koba

https://instagram.com/leco_koba?igshid=1qel4q0uumjk1
line