INTERVIEW

main-visual

サロンワークの俯瞰とヘアメイクの視点

前回の「SUNVALLEY」代表・朝日さんに引き続き、今回は盟友でもありビジネスパートナー、そして同店のもう一人のオーナーである、渋谷謙太郎さんにフィーチャーします。仕事へのこだわりと、美容師の楽しみとは?

line

大人のこだわりが詰まった空間づくり

本当に価値のあるものだけを提供するサロン

ーーー「SUNVALLEY」はどんなお店ですか?
渋谷 名前は共同経営の朝日さんと僕の苗字から一文字ずつとりました。40歳での独立となりましたが、独立するならぜひずっと一緒に歩んできた朝日さんと共に立ち上げたいと思っていたんです。様々な世代へのアプローチを学んできましたが、コアターゲットは30代からのお客様。長年僕らと共に歳を重ねてきたお客様も多く、だからこそそんな審美眼の厳しい大人女性が満足する、良いものや本物だけを提供できるお店にしたかったんです。そして、男性のお客様も実は結構多いんですよ。お店のインテリアも、シンプルだけどこだわったものだけを置いています。ストリートアートのギャラリーを持っている人と仲が良いんですが、彼らが作品を飾る場所を探していたのもあり、お店の壁の高めの位置で今旬の絵を飾ることを前提に内装を考えました。ステンレスとコンクリート風の塗り壁でモノトーンに仕上げています。大人の僕ら自身が好きな雰囲気を大切にしているから、男性も気負わずに「このサロンは女性向けなだけじゃない」と入りやすいんじゃないかなと思いますね。

ハイブランド主催のパーティーにて

ヘアメイクとサロンワークを結ぶ線

ーーーお二人ともサロンワークとヘアメイクを両立されていますね。
渋谷 僕は割と若くからヘアメイクとして売れたので、当時から仕事の時間が多く、文字通り朝から晩まで働いていました。サロンワークとの平行は大変でしたね、本当に休む間がないんですよ。だから一日中一年中仕事漬けで、趣味をする時間もない程、サロンワークとヘアメイクに没頭する毎日でした。例えば雑誌「CanCam」が全盛期の頃にヘアメイクを朝日と一緒に1冊丸ごと担当させてもらったり、F1の司会をするタレントさんの専属としてモナコまで行ったことなど、あの時あのベストタイミングで受けた刺激は本当に恵まれたものだったと思うし、今も忘れられない経験です。でも30代を迎えてからは専属のタレントさん以外は、少しヘアメイクの仕事を減らしたんです。僕はやっぱりサロンが大好きだしサロンワーカーだという自負があるので、ヘアメイクだけしていてもダメ。でも逆も然りで、サロンワークだけでは成長できない部分や気づきもあるんです。サロンワークとヘアメイク、そのどちらの仕事がなくなっても車輪が回らないようなものなんですよね。

力の入りすぎないニュアンスライクなヘアへ

素材を活かしトレンドを差し込んでいく

ーーー今シーズン仕掛けたいトレンドヘアとは?
渋谷 今大きなトレンドって見つけにくい時代だと思うんですよね。バングの拾い方とか、レングスとか、メディアが仕掛ける細かいバズりはあると思うんですが……「コレ!」って大きな波がない。元々ヘアってすごくパーソナルなもので、一人ひとりにフィックスさせてこそのデザインだし、今おしゃれな子は流行以上に自分らしさを追求している。だからお客様やモデルの素材を元に、いかにおしゃれに綺麗に見せるかが今まで以上に重要になってる気がします。サロンにおけるシーズンヘアのキービジュアルも、基本的にはスタッフの若い感性に任せているんですが、技術はまだまだでも、トレンドを感じ取る力に長けている子が多いので、そこは逆に刺激を受けることもあるんですよね。今年のSSのテーマは「マテリアル」。先程の「その人だけの素材」、そこに今の空気感、いわゆるゆるめで作り込み過ぎないフォルムとテクスチャーを加えると俄然今っぽくなると思います。ここしばらく若い女性を中心に流行っていたコントラストや彩度の強いヘアカラーではなく、やりすぎない自然なベージュなどが帰ってくるのではないかと思いますね。デザインもニュアンスのあるハイライトとか……原点回帰の気分かもしれません。

男性には男性の髪を知り尽くしたスタイリング剤を

メンズヘアの撮影の欠かせない相棒

ーーー撮影の現場に必ず持っていくアイテムはありますか?
渋谷 N. ポリッシュオイルとN. ナチュラルバームはよく持っていきますね。使いやすいテクスチャーと、ウェット感のちょうど良さが気に入っています。特に撮影の場合、1日に何パターンもヘアチェンジをするので、ガチガチに硬くなるとリメイクしにくい。フィックスするけれど、自由に動かせるスタイリング剤はとても理想的です。後、僕が最近メンズヘアの撮影でよく使っているのは、N. オム ジェルグリース。グリースの適度な濡れ感とジェルのセット力が両立されていて、でも重すぎない今っぽさがあるんです。シアバター配合でケアしながらスタイリングできる点もお気に入り! 男性も結構髪が傷んでいる人が多いので……。香りも爽やかな柑橘系ですごくナチュラルだから香水とのバッティングも避けられますし、メンズグルーミングとして1本あると様々なスタイルに応用できると思いますね。メンズのヘアデザインもすごく幅広くて、長さや狙った印象が違えば求める質感も大きく異なります。このジェルグリースは、髪にパリッとしたハリを与えつつ、しっかりグリースのツヤも出せるし、でもギトギトしない今っぽい抜け感が絶妙なんです。

stylist

STYLIST

名前:SUNVALLEY 渋谷謙太郎さん
プロフィール:

数多くのタレント・モデルをてがけ、様々なメディアで活躍中のトップクリエイター。古くから来てるお客様からも絶大な信頼を寄せており、カミカリスマカット部門二つ星を受賞した熟練されたカットは一人一人に合った骨格とスタイルに定評がある。 前向きで美容に対しての熱量と目の前の人を喜ばせたいという気持ちは誰にも負けない。

stylist

SALON INFORMATION

店名:SUNVALLEY
住所:〒107-0062 東京都港区南青山5-2-12 GビルB1F
電話番号:03-6427-3807
営業時間:[月・水・金] 11:00-21:00 [木] 10:00-19:00 [土] 10:00-20:00 [日・祝] 10:00-18:00
定休日:毎週火曜日 第2・4月曜日(祝日の場合営業)
サロン情報はこちら
line