INTERVIEW

main-visual

ショートヘアの旗手を目指すスタイリストの挑戦する生き方

女性誌のヘアメイクやヘアカタログなどの撮影が引きも切らない人気サロン「LONESS」。20代から30代を中心に幅広い層に愛される同店で活躍するトップスタイリスト・原倫子さんに、美容師の仕事の魅力を伺いました。

line

セミナーは自分の技術の引き出しを増やすもの

スタイリストとして働くからこそ感じる、 学ぶことの重要性

———原さんにとって美容師という仕事の軸とは?
 私、子供の頃から誰かの髪をアレンジすることが好きで「美容師っていう仕事があるんだよ」と母に教えてもらって以来、ずっとこの仕事に憧れを持っていたんですよね。綺麗なものが好きだし、それを自分で編み出して、人に喜んでもらえる。すごく幸せな仕事だと思っています。だから、仕事をする上で妥協は良くないなと思っていて。お客様を相手にする仕事だからこそ、いつも真剣に向き合っていたい。そのために大切にしていることはたくさんありますが、特に経験を重ねるごとに感じるのは、学ぶことを忘れてはいけない、ということ。スタイリストになって久しいですが、今でもいろんなセミナーに行きますし、凄い美容師さんのテクニックはどんどん吸収したいと思います。最近とても感銘を受けたのは、アレンジヘアのセミナー。SNSでも有名なスタイリストさんの技術を、目の前でかぶりつきで見てきました(笑)。技術は1日で習得できるものではないので、だからこそ練習しよう!とやる気になります。この仕事をする上で、どうしても頭が固くなりがちなので、引き出しをたくさん作るためにも、どんな経験も肥やしにしていこうと思っています。

この春夏はツヤのあるベージュ系カラーが人気

「ショートヘアなら私」と言われる美容師に

———この春夏の気になるトレンドヘアは?
 ハイレイヤーやネオウルフなど、全体的なトレンドはいくつもあると思うんですが、私、ショートカットが得意なんです。なので、個人的には変わらずショートヘアを推していくつもりです(笑)。「原さんと言えばショートだよね」と言ってもらえるようなスタイリストになりたくて。この春人気のショートヘアの印象としては、ボーイッシュな短いデザインというより、どちらかと言えばシルエットもややウェイトが下の方で重く、バングも長め。「短くて清潔感があるのに、どこか色っぽい」、むしろより女っぽく見えるショートを訴求していきたいなと思っています。また、色としてはここ数年の寒色系トレンドは落ち着いてきていますが、それでも赤みのある髪を苦手とするお客様は、若い女性に限らず多いです。寒色系はおしゃれにきまるんですが、顔色が悪く見えてしまう場合も多くて。そんな方にはベージュと補色を混ぜた色をおすすめしています。嫌な赤みやオレンジみを抑えながら、髪にツヤも出しやすいので、どんなレングスのスタイルにもマッチする万能カラーだと思います。また、髪の印象だけでなく、黄みが入った日本人の肌ともなじみやすいので、顔色も映えると人気ですね。

サロン外の仕事も多い中、一番はやはりサロンワーク

横のつながりから仕事を広げていく

———サロンワーク以外のお仕事は?
 サロンワークが第一なのは勿論なのですが、撮影や企画の監修など色々なお仕事にも恵まれていると思いますね。フットワークが軽い方なので、お声をかけられたらとりあえず一回話を聞いてみたい! と思うタイプ。割とサロン内外の先輩方にも可愛がっていただけて、様々なチャンスを頂戴していると感じます。最近では、昔まだアシスタントの頃、ヘアモデルとしてお声がけした方と、偶然再会したんですよね。そしたら今、彼女は大人気のYoutuberになっていて。同じ美容系のフィールドで活躍しているので、一気に話が盛り上がり、近々インスタライブを一緒にしよう、とか色々計画しています。彼女は元々BAさんだったので、メイクの知識も豊富でとても勉強になるし、私もヘアアレンジのQ&Aなどができたら、視聴者にとってもお役立ちのコンテンツになるのではないかと思っています。彼女もオフィスを立ち上げたり、美容の世界を盛り上げようと挑戦しているので、私も負けずに新しいチャンスに取り組みたいと考えています!

ツヤ感・束感・フォルムづくりにマストな「N. ナチュラルバーム」

ヘアスタイルに「旬」を与えるテクスチャーとは

———作品撮影やサロンワークで、髪を今っぽく見せるコツを教えてください。
 髪は、カットだけでもカラーだけでもなく、トータルで見せるものだと思っています。カットだけでは足らないボリューム感をパーマで出したり、また毛流れを美しく見せるヘアカラーをプラスするなど、そのバランスが大切なんですよね。中でも、絶対に欠かせないのがスタイリング。この春も、引き続きウェットな質感が続きます。ロングなど、広範囲のウェット感を出すならポリッシュオイルがベストですが、私が推したいショートスタイルには、立体感が欠かせないので、エヌドットのナチュラルバームをよく使っています。このバームは、狙い通りにトレンドのウェット感を出しつつ、軽いセット力もあるので、毛先だけでなく髪の根元から空気を含ませるようにしっかりなじませれば、つぶれがちなトップにもしっかりハリが出て、フォルムも美しくまとまるんです。スタイリング剤は、質感づくりだけでなく、造形に与える効果も考えて選ぶといいですね。

stylist

STYLIST

名前:LONESS 原倫子さん
プロフィール:

東京都出身。山野美容芸術短期大学卒業後表参道の有名サロンを経て、2016年LONESSへ参加。現在トップスタイリストとして活躍中。

stylist

SALON INFORMATION

店名:LONESS omotesando
住所:東京都港区南青山3-15-6 ripple square D 2F
電話番号:03-5413-7928
営業時間:月・水・金 11:00~21:00 木 11:00~20:00 土 10:30~20:00 日・祝 10:30~19:00
定休日:毎週火・第二月曜
サロン情報はこちら
line